コドミン 危険

コドミンは危険?危険性はどれくらいなの?

コドミンの危険性について

 

コドミンは健康食品に分類されるサプリメントです。

 

サプリメントは栄養補助として日常的に摂りいれている人も多いですよね。

 

大人がサプリを摂取することは当たり前となりつつありますが、子供が摂取するときは大人の責任となるので危険性がないかどうかをしっかりと把握しておく必要があります。

 

子供でも摂取できる栄養サプリなども流行っていますが、コドミンはそれとはまた異なる作用をもつサプリです。

 

サプリ自体が錠剤なので、飲むときに喉に詰まらせてしまう危険性がないとも言い切れませんし、子供がサプリを飲む際は側で見守る必要がありますね。

 

そういった点での危険性や、成分的に危険な部分はないのかも気になりますよね。

 

コドミンを摂取していて、危険なことはないのかを調査していきます。

 

コドミンは危険?

まずは、コドミンの飲み方に関しての危険度を見ていきましょう。

 

コドミンは1日に1〜2錠を目安に摂取します。

 

食品に分類されるのでいつ飲んでもOKで、さらには噛んで飲むことができます。

 

噛んで飲むことができるのは子供には嬉しいですよね。

 

またコドミンはラムネ味になっているので、サプリや薬っぽさが軽減され飲みやすく作られています。

 

小さい子供にとって薬というのは、嫌なもの、苦いものというイメージが強く、飲みたくないと反発されてしまうことも多いですよね。

 

しかしコドミンはラムネだと説明して飲ませることも可能なので、そういった面では飲み方の危険性はなさそうです。

 

では次に成分を見ていきましょう。

 

コドミンは国内優良工場での生産にこだわり、医薬品と同じレベルでの製造、品質の管理の元作られています。

 

口に入れるものだからこそ、国内生産というのは安心ポイントになりますよね。

 

コドミンに含まれる成分は、還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆を含む)、/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物)です。

 

この中で危険な成分があるのかを見ていきましょう。

 

コドミンは名称をホスファチジルセリン含有加工食品といいます。

 

このホスファチジルセリンがコドミンの主要成分となるのですが、子供の集中力や記憶、行動のサポートをしてくれる成分として注目されています。

 

この成分は大豆に含まれているので食べ物から摂取することも可能ですが、その含有量は微々たるものです。

 

コドミンは1粒に大豆3.3s分のホスファチジルセリンを配合しているので、効率良く摂取することができるのです。

 

しかし大豆にアレルギーを持っているお子様は危険性が高まってしまうので注意が必要です。

 

また甘味料としてアスパルテームが含まれていますが、少量の摂取であれば問題はないとされていますが、長いことこの人口甘味料を摂取し続けると身体にあまりよくないとされています。

 

アスパルテームはダイエット飲料やお菓子に含まれていることが多く、身の回りのものによく使われていますが、フェニルケトン尿症患者においては危険となりうる成分であるため、注意が必要とも言えますね。

 

 

コドミンはどんな子に向いている?

コドミンは「落ち着きがない」「他の子と少し違う様子」「順番やルールが守れない」「忘れ物が多い」「周りに迷惑をかけることをしてしまう」などといった症状の子供向けに作られています。

 

こういった症状は家庭内ではなかなか気づかないこともありますが、同じ年くらいの子と接するようになることで「あれ?」と気づくことが多いようです。

 

感情や行動を自分自身でうまくコントロールできないということは、本人にとっても辛いことですし、親としても見ていて辛く感じてしまうこともありますよね。

 

今の状態に理解を示し、サポートをしてくれるといった意味ではコドミンのようなサプリに頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

また、集中力や反射力を必要とする勉強やスポーツをする方にもおすすめされています。

 

コドミンは危険?危険性はどれくらいなの?:まとめ

コドミンの危険性を見てきましたが、飲み方に関しての危険性は限りなく少ないようです。

 

噛んで飲めるサプリということなので、小さな子にも飲みやすいですよね。

 

成分をみると大豆がメインとなるため、大豆にアレルギーがないことが大前提であり、人工甘味料を気にする方は危険と感じることもあるという部分をおさえておくと良いでしょう。

 

もっと詳しくコドミンのことを知りたいという方は、公式サイトを覗いてみてくださいね。