多動症

多動症について記事一覧

最近でこそADHDへの理解が進むようになりましたが、それでもまだ理解を得ていない部分も現実問題としてありますよね。昔に比べるとADHD(注意欠陥・多動性障害)や発達障害への認識が増し、「自分で気づかなかったけれど病院に行ったら実はそうだとった」大人になってから気づくケースも増えています。こうして大人になってから気づいた人の中には、小さい頃の自分を振り返ってみると多動児に見られる特徴に当てはまってい...

あなたは、小さい頃薬を飲めていましたか?私は、飲まないとダメだという意識から嫌々ながら飲んでいましたが、私のように嫌々ながらも飲めるタイプと、全く飲みたがらないタイプとがいますよね。薬は病気になったから飲むものという認識が幼いながらにも理解できているからでしょう。小さい頃から薬を飲まなければいけない状況というのはあまり望ましくはないのかもしれませんが、それでも大人になる前に治せるものであれば一時的...

いわゆる障害や、病気というのは周りの人にはなかなか理解されないことがあります。特に目に見えてわかるような障害や病気じゃないと、周りから心配されることも少なく、性格の悪い人にいたっては、「ただ怠けているだけ」と勝手に判断してくる人もいます。病気や障害は本人にとって辛いこともでもありますが、身近な人に理解されないというのが最も辛くもありますね。カミングアウトをしたことで自分への接し方が急に変わってしま...

多動症は人よりも落ち着きがなく、じっとしていることを苦手とします。また衝動的な行動に出てしまったり、攻撃的になり周囲とトラブルを起こすこともあります。小さい頃からこの症状を持つ人もいますが、大人になり多動症だと気付く人もいます。小さい頃に多動症と気付く場合は、本人ではなく、保護者や学校の先生により発覚することが多いのです。じっとしていることを苦手とするため、迷子になってしまったり、衝動的な行動にで...

どのような病気や障害にも、原因やきっかけというのが存在していますよね。同じ病気や障害であっても、原因となりうることは個人差があったりもします。多動症の原因とは何なのでしょうか。生まれつきのものなのでしょうか、それとも何らかのきっかけで発症するものなのでしょうか。原因がわかれば対応の仕方もわかるようになりますし、理解ができるようにもなりますよね。ここでは多動症の原因を調査すると共に、多動症にはどのよ...