コドミン

人と違うことが個性と呼ばれ、今はその個性こそが尊重される時代となりつつありますね。

しかし小さい頃から人と違うことが目立つと、親としては心配にもなりますよね。

赤ちゃんの頃はその変化に気付くことはなかなか難しくもあります。

「他の子供と比べてうちの子供は落ちつきがない?」そんな風に思うのは保育園に入る3歳頃、または小学校に入学する6歳頃に気付くことが多いのです。

他の子供と触れ合ってみて初めて気づくことも多いですよね。

そんな心配を抱える親、そして子供にとってコドミンは力強い味方でもあります。

落ち着きのなさが目立つ、かんしゃくをおこしやすい、そんな“コドモノミカタ”であるコドミンは何歳から飲めるのでしょうか。

保育園に入る3歳頃から?それとも小学校に入る6歳頃から?

サプリメントなので6歳頃からが有力でしょうか。

何歳から飲めるのかをおさえておきましょう。

コドミンは6歳から飲めるの?

コドミンが何歳から飲めるのかというのは、絶対に○歳から!という決まりはないようです。

というのも、落ち着きのなさが目立つようになるのは集団行動をするようになってから。

ひとり遊びをしている時点では他の子と比べることもありませんし、人から指摘されることも少ないと思います。

そのため幼稚園や保育園に入園したあと、3~4歳頃に先生から指摘をされて初めて気づくということもあれば、小学校に入学する6歳頃から気になりだすというパターンもあります。

幼稚園や保育園ではほとんどの子供が泣いたり叫んだり、走りまわったりしていますよね。

「落ち着きがないのは子供だから」とあまり気にかけないということも多いんですよね。

そのため、本格的に気になってくるのは小学校に入学したあとの6歳~7歳頃が多いとされます。

「何歳以上じゃないと飲んではいけない」という決まりはありませんが、6歳頃に飲ませる方が多いようですね。

コドミンは錠剤のサプリメントなので、あまりにも小さい子供だと飲むのを嫌がったりするでしょう。

ラムネ菓子と伝えて飲ませることも非常に有効ですが、錠剤が飲めるようになる4~5歳以上の子供に飲ませるようにした方が良いですね。

3歳以下の乳児にはあまり向いていないようです。

コドミンを飲ませるときは、必ずそばについて飲ませるようにしましょう。

どれくらい飲むの?

コドミンは1日に1~2粒が摂取目安量となります。

飲むタイミングは特に決められていませんが、飲んだかわからなくならないように、おやつの時に一緒に渡すなど、時間を決めておいた方が良いでしょう。

変則的に「今日は飲む」「明日は飲まない」などと決めるのではなく、毎日飲み続けることで効果を実感できるようになるので、少なくとも3ヵ月の継続が望ましいとされています。

「薬だから飲まなきゃだめ!」と言って飲ませるのではなく、サプリメントなので「ラムネのお菓子だよ」と子供が飲むことを嫌がらないように工夫して飲ませることもポイントです。

実際にコドミンは薬ではなく、あくまでも健康食品に分類されますし、ラムネ味で飲みやすいと評判なので子供が楽しんで飲めるようにしてあげられると良いですね。

コドミンは6歳から飲める?何歳から飲める?:まとめ

コドミンは6歳からと決まっているわけではなく、錠剤が飲めるタイミングで摂取を始めて良いということがわかりました。

しかし小さい子供にとって錠剤は飲みにくく、喉につまる恐れもあるので乳児に与えることは控えるようにしましょう。

親にとって落ち着きのなさというのはなかなか判断しにくいものでもあります。

他の子と違うかも?と思ったら幼稚園、保育園、小学校の先生に相談をし、家にいるときと学校にいるときの様子をしっかりと把握しておくことも大事かと思います。

コドミンについてもっと詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

>>コドミンの公式サイトはこちら